自動車保険 見積もり - プロが教える自動車保険比較 & 口コミ & 裏技!! > きちんと知っておきたい基礎知識 > 自動車損害賠償の最高額っていくらなの?

自動車損害賠償の最高額っていくらなの?

これは、あなたの自動車保険にかかわる話です。
あなたがもし自動車事故を起こしてしまった時の損害賠償金はいくらになるか想像してください。自動車事故の賠償金については、自動車学校の授業や、免許更新の講習(違反者のみですが)で、教本や映像などで見せられてきたと思います。

飲酒や余所見、スピードの出し過ぎに信号無視。
状況は極端なモノが多いですが、その賠償額は、決して大袈裟なものではありません。ちなみに日本の賠償金の最高金額は約3億8200万円です。


事故の被害者に後遺症が残った場合、日本では億単位の損害賠償金を支払う事になるケースも珍しくない中、自分の所持金で支払うのは、ほぼ不可能ですよね?


そんな、万一の事故の為に、自動車保険はあります。
しかし、残念ながら「任意保険」の加入率は、同じ任意保険の中で、『任意保険に無加入の自動車との事故に備える特約』が出来るほどに、加入率が100%とは言い切れない状況です


「国内で走っている車の10台に1台は任意保険に入っていない」
という営業トークもある程です。


自動車事故の『損害賠償』について


さて、先ほど、『日本の賠償金の最高金額は約3億8200万円』と紹介しましたが、「最高額なんてそうそう出ないだろう」と、思う方もいるかもしれません。まあ、何事でも、第1位の数字って、少し大げさなモノが多いですしね(^^;)


では、1位以下の自動車での人身事故の損害賠償額はどうなっているか、というと・・・

1位  3億8200万円
2位  3億7800万円
3位  3億6700万円
4位  3億5900万円
5位  3億5300万円
6位  3億4700万円
7位  3億4600万円
8位  3億3600万円
9位  3億3540万円
10位  3億3510万円

と、1〜10位まで、全て3億円を超えているのです


ちなみに、これは『人身事故』での損害賠償ですが、対物の損害賠償の判例でも、

・ 1億3580万円
(車両衝突事故のはずみで大型トレーラーがパチンコ店に衝突)

・ 1億2036万円
(踏み切り内での電車と車両の衝突事故)


この様に、対物の損害賠償でも、1億を超える判例が、よくニュースで聞く事故内容と似たようなケースで出ています。


人身事故での損害賠償に関しては、自賠責保険で支払いが出来る部分もありますが、自賠責保険には上限があり、後遺症や怪我の内容にもよりますが、最大で4000万円までしか補償されません


対人の賠償金は、年齢・性別・収入などによって差が出るので一概には言えませんが、30代男性なら、死亡・1級障害とも、6000万〜1億円、主婦の女性で1級障害で6000万〜2億円程度は必要と思って良いでしょう。


当然、強制保険の補償額のみでは足りません。
そこで、この多額の損害賠償を保障する為に必要なのが『任意保険』です


『任意保険』の重要性と『オススメ特約』


『任意保険』は、『対人賠償』により、事故の被害者に対して、『強制保険』の上限を上回る負担が発生した場合に、それを保険会社が代わりに支払ってくれます。


また、『対物賠償』により、被害者の車や自転車や、事故の際に周囲の物を破壊した場合には、それらの保障もしてくれます。


補償額に関しては、『任意保険』の契約によるのですが、損害賠償額が大きくなっている近年の流れに沿って、「対人・対物無制限」が主流になっています。ただ、保険商品によっては、無制限以外を設定している保険もあるので、内容はよく確認し、是非、「対人・対物無制限」を設定して下さい


また、『任意保険』は、オプションの付帯により、「貴方自身」や「あなたの車」さらに「貴方の車の同乗者」の保障も可能にしてくれます。


個人的には、「搭乗者傷害保険」の日払い特約は、可能ならば是非付けておいて下さい。この「搭乗者傷害保険」の日払い特約は、契約時の保障額が、通院日数に応じ支払われるものです。


「搭乗者傷害保険」の日払い特約と似ている特約で、「搭乗者傷害保険」の部分払い特約という特約があります。これは、日払い特約と違い、診断された部位に対し設定額が支払われるもので、どれだけ通院日数が延びても、金額は一定です。


同じ「搭乗者傷害保険」でも、万一の事故の際、一般的な通院日数を考えると、もらえる保険金には大きな差がでます。ここは、しっかりと注意をしながら契約をして欲しいです。


また、「等級プロテクト」特約にも、出来るだけ加入をオススメします。


これは、事故の賠償に対しての補償ではないのですが、事故によって保険を使用する事で等級が下がる事により、保険料金のアップ、また、ノンフリート等級が3つ落ちるのを防ぐ事によって、任意保険を継続して契約していける事に繋がります。


この2つの特約は、保険会社にとってはあまり得にはならない、むしろ、不利な特約とも言えるので、扱っている保険商品も少しずつ減ってきていますし、扱っていても、積極的に説明はしないので、HPやパンフレットから、代理店やコールセンターに積極的に聞いてみて下さい。


例え、事故の相手の補償がされていても、貴方自身の保障がされていなければ、貴方や、貴方の大切な人たちはどうすればよいでしょうか?しっかりと、自分自身にも、「万一の備え」をしておいて頂きたいです。


『任意保険』の保険料は、決して小さいものではありません。
しかし、万が一の事故の際、事故の被害者を守る為に。
貴方自身を守るために。
貴方の大切な人たちを守るために。
是非、『強制保険』と『任意保険』の同時の加入をおすすめします。


『任意保険』は、貴方が入る事を選べる保険です。


貴方は大丈夫?『事故を起こしやすい4つのタイプ』


余談になりますが、保険の営業をやっていて気付くのが、事故を起こす人は何度でも起こすという事です。


運転免許証で、ゴールドカードを維持できている人と、いつまでも青色免許な人、みたいなものですかね(^^;)


交通経済学を研究している山口大学の澤喜司朗教授という方によると、交通事故を起こしやすい人には、4つのタイプがあるそうです。


・ はったリ屋的な性格

自我表現欲求が強く、狭い道でも猛スピードで走ったり、追い越されるとすぐにキレるタイプ。


・ ヒステリー的な性格

わがままで感情の起伏が激しく、ウインカーを出さずに割りこみをしたり、すぐにクラクションを鳴らすタイプ。


・ 神経質な性格

攻撃的で協調性がなく、自己顕示欲が強い。通行区分帯をあちこち走るタイプ。


・ せっかちな性格

信号が青になると、すぐに飛び出すようなタイプ。


心当たりはありませんでしたか?私は少し心当たりが・・・(^^;)
まあ、これを見ると、逆に『事故を起こしにくい人』のタイプは『落ち着いて、感情的にならず、余裕を持って運転出来るタイプ』という事になりますね。


事故は、自分が起こすだけでなく、他人に巻き込まれるモノもあります。事故を起こしそうな自動車からは離れて運転をする、というのも、自衛手段の1つかもしれませんね。



わずか5分で自動車保険が33,940円安くなったお話

保険スクエアbang!のホケレオン評価
インズウェブのホケレオン評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の内容はいかがでしたか?

さらにあなたが知りたいことやホケレオンに対してのご要望などありましたら、下記に記入して、ぜひ教えてください。



きちんと知っておきたい基礎知識