自動車保険 見積もり - プロが教える自動車保険比較 & 口コミ & 裏技!! > 保険を賢く選ぶ、見直しポイント!! > 格安の自動車保険を利用したい!!そのために…

格安の自動車保険を利用したい!!そのために…

不況、不況と言われる今日この頃、削れる支出は削りたい。
そう考えた時、『削れる支出』の中に、『保険料』を思い浮かべた事はありませんか??

でも、生命保険は病気の時に・・・
建物保険は地震や火事が・・・
じゃあ、自動車保険は?


毎月、もしくは毎年支払っている自動車保険の保険料。
家計にとっても、決して小さくはありませんよね。
『でも、車に乗るなら、自動車保険だって万一の事故の為に必要だし・・・』
その通りです。自動車に乗る限り、自動車保険は必ず必要です。
それは、事故の相手の為であり、最終的には貴方の為になるものです。


じゃあ、結局自動車保険の支出は削れないのでしょうか?
いいえ、削れます!!
じゃあ、どうすれば削れるのか。それは・・・
今の自動車保険の保険会社を見直す事です。


元保険屋からの【保険の見直しについて】


貴方は、今の自動車保険に加入する時、自動車保険をきちんと選びましたか?
「ちゃんと自分の運転や家族に合わせて内容を選んだよ」
でもそれは、保険の内容を検討しただけです。


初めて自動車を買った時などは、ディーラーで勧められた保険で、内容を自分の必要に応じて選ぶ・・・という形が多いと思います。
別に、これが悪いという訳ではないです(^^;)自動車の販売店は通常、複数の保険会社と契約を結んで、その中から、自動車や顧客情報、勿論、保険会社との兼ね合いも含めて、自動車の購入者に提案します。


自動車の任意保険は強制ではないですが、万一を考えれば、車の引渡しの時点では加入しておきたいものです。
そうすると、手続きの簡単さなどから、どうしてもディーラーで契約してしまう事が多い。
これは、ある程度仕方が無い事なんです。


でも、中には、ディーラーではなく、自分で保険会社を探して、その中で自分に合った保険をきちんと選んだ方もいるかと思います。
最近は、自動車保険のCMも沢山流れているので、その中で気になった保険会社の保険で自分で手続きをする方も増えています。


でも、『その時』は貴方に合った保険でも、『今』その保険が貴方に合っていないかもしれません
それは、車を購入した時よりも、今のほうが運転をしなくなったり、ゴールド免許になったり。家族が増えて、運転する人間が増えたり。逆に、家族が自分の車を買って、運転する人間が減ったり。無事故、無事故の期間が延びて、等級が上がっていたり。当然、年齢だって、最初に保険に加入した時よりは重ねている筈です。


あなたがもしこれらに当てはまるのであれば保険料は安くなる可能性があります。


まず、考えてみましょう。
貴方は今、月もしくは年間、保険料をどのくらい払っていますか?
自動車保険の掛け金は、車種や等級によって違いが大きいので一概には言えませんが、一応の平均額は、年間10万円前後と言われています。


ちなみに、私が最初に入った自動車保険は年間12万円でした(^^;)
そうすると、20歳〜60歳まで運転するとして、40年間乗ると、その総額は400万円にもなります。これ、ちょっとした家を買う際の頭金くらいにはなりますよね?


でも、保険を適当な時期に乗り換えれば、この保険料がぐっと安くなるとしたら?
例えば、先ほど書いた、自分の年齢や、無事故の期間
それだけ見ても、保険料は当初よりぐっと安くなります。


自動車保険の年齢制限は、保険会社にもよりますが、大体「20歳以下(年齢制限無し)」から「30歳以上」の間で3〜5種類選択する事が出来ます。

これは、その保険に加入した自動車を運転出来る年齢なので、初めて保険に加入される時は、大体「20歳以下(年齢制限無し)」での契約が多いですが、契約年数が経っても、保険会社の方から変更をお勧めする事はまずありません


ですが、この年齢制限を、「20歳以下(年齢制限無し)」から「30歳以上」で比較すると、条件にもよりますが、ある保険会社の見積もりでは、約14万円〜6万5千円と、2倍以上の差があります。


また、「無事故の期間」によって上がっていく等級割り引きでは、最低の1等級と最高の20等級では、110%の割引(割増)率の差があります。


つまり、上で説明したある保険会社の見積もりで例を挙げると…


【例1】
20歳で保険加入。現在31歳。
無事故で等級は18等級。
保険の見直しをして年齢制限をして30歳以上に設定。


【例2】
20歳で保険加入。現在31歳。
事故を6回して1等級。
保険の見直しはしていない。


以上の例1と例2の保険料を計算してみましょう。


【例1】
65000円(30歳以上の年齢制限)-(65000円×60%(等級割引))=26000円


【例2】
140000円(年齢制限なし)+(140000円×50%(等級割増))=210000円


210000÷26000約8倍!!


正直1等級とかになると、更新時に保険の引き受けが拒否されたりするので、以上は例としては少々極端ですが(^^;)
このように、同じ保険会社でも、年齢や等級などの条件によって、保険料に8倍以上の差が出る事もある、という事を覚えておいて下さい。


等級は無事故の期間や、事故の回数で自動で等級が変わり、割引も変更されるので見直しは不要ですが、年齢や運転者の制限などは、保険の見直しをしなければそのままなので、注意が必要です。


元保険屋からの【保険会社の比較】について
ここまでを見れば、「同じ保険会社で条件を変えれば良いんじゃない?」と思うかもしれませんが、等級の割引率は、掛け金に対しての割り引きなので、保険料の違う別の保険会社で見積もりを出せば、それだけで保険料に差が出てきます。


また、無違反運転で免許がゴールドになっていたり、車を通勤のみ、もしくは週末のレジャーのみなど、目的がしっかりとしていたり、走行距離が短かったり・・・
そういう、人それぞれで変わってくるライフスタイルに合わせて、保険会社も、それぞれの会社の特色となる割引サービスを提供しています。


『年間走行距離が1万キロ以下の人は、、、』
『ゴールドカードなら更に、、、』
最近CMで、そんな台詞をよく聞きますよね。


ただ、これらは、その条件を満たさなかった時の追加料金など、注意点も少なくないので、CMだけで決めるのはオススメできません。
かといって、自分の足だけで各社の資料を集める・・・というのも、現実的ではないですよね。

でも、このページを見て下さっている貴方には、インターネットがあります。あるモノを使わない手はありません。
今は、自動車保険の無料見積もりサイトも沢山ありますから、それらでの資料の一括請求などで検討してみるのも一つの手かと思います。代理店を経由する訳ではないので、余計なDMや営業も来ませんし。


わずか5分で自動車保険が33,940円安くなったお話

保険スクエアbang!のホケレオン評価
インズウェブのホケレオン評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の内容はいかがでしたか?

さらにあなたが知りたいことやホケレオンに対してのご要望などありましたら、下記に記入して、ぜひ教えてください。



保険を賢く選ぶ、見直しポイント!!