自動車保険 見積もり - プロが教える自動車保険比較 & 口コミ & 裏技!! > おすすめ自動車保険 その1 > 損保ジャパン自動車保険の評判!!ユーザーの声

損保ジャパン自動車保険の評判!!ユーザーの声

鼻の大きなコアラがやっている自動車保険をご存知ですか?そう「見直そう♪見直そう♪自動車保険を見直そう♪そんぽ24で見直そう♪」
このCMを観た事のある方は多いのではないかと思います。

キャラクターのあるCMって覚えやすいですよね。(余談ですがこのCMに出ているコアラの名前はハナコアラだそうです(^▽^)


でも、意外にネットの情報なんかも少ないこの自動車保険。
そもそも、名前だけだと、ぱっと「任意の自動車保険だ!!」と思いつけないネーミング(^^;)

そんな『そんぽ24』を、元保険屋の視点から、口コミを探したり、色々と語ってみたいと思います。


元保険屋さんの語る【そんぽ24ってどんな自動車保険?】


まずは基本情報ですが、損保24は、「日本興亜損害保険株式会社」のグループ会社です。

「日本興亜損害保険株式会社」とは、「日本火災海上保険株式会社」と「興亜火災保険株式会社」、「太陽火災海上保険株式会社」が合併し、「株式会社損害保険ジャパン」と経営統合をしている、ご存知の通り、国内でも大手に属する損害保険会社です。


ちなみに「そんぽ24損害保険株式会社」は、「旧安田生命保険」と「イギリスダイレクトライン」が共同出資で設立した会社で、その後、「日本興亜損害保険株式会社」の参加に入った保険会社です。


元保険屋さんから見た【そんぽ24って大丈夫?】


やはり、大手保険会社などと比べると知名度で劣る「そんぽ24」。
口コミなども多くないですし、正直、「大丈夫なの?」と思われる方も多いと思います。

ですが、会社の基本情報などから実態を見てみると、大手国内損保と比べてもそう劣らない事故対応が期待出来る、といった感じを受けました。


先ほど説明した通り、現在の「そんぽ24」までの道のりが色々とあって、この名前での歴史が他保険会社より短い為、「そんぽ24」の知名度はそんなに高くは無いようですが、注目するのは、やはり、大手損保会社との連携が取れる点でしょう。


万が一の事故の際、日本興亜損保を含めた全国8200箇所のサービス拠点と、780以上の提携修理工場、また、事故のタイプに応じて経験豊富な専門の担当者が事故の解決にあたってくれる、というのは、自賠責保険も扱っていて、事故対応の経験も豊富な「日本興亜損保」のグループ会社ならではの特典だと思います。


また、ダイレクト販売方式は人件費を抑え、リスクの細分化することによって保険料を低く設定する事が出来ていますが、それにはやはり欠点もあります。
その欠点(よく苦情で挙がる)とは、人件費を抑えるためが故の事故対応の人員の薄さです。


しかし、その点、「そんぽ24」は大手損保との連携で人員の薄さもカバーしているので、『保険料の安さ+代理店型の対応の厚さ』の両方を実現している保険と言えます。


保険料に関しては、運転者を全年齢対象にすると、国内損保よりも高くなる事もあるようですが、26歳以上で年間走行距離8000キロ未満だと、国内損保よりも10%程度安くなる事が多い、という感じで、条件を細かく設定出来れば、保険料を安く抑えられる印象です。


ただ、この「リスクの細分化」による保険料の低額設定は、その条件を満たさなくなった時などに追加料金が発生したり、申告漏れなどで、保険金を満額受け取れないケースもあるので、ある程度保険を理解し、注意していく事が必要だと思います。


保険の補償内容ですが、

「対人賠償補償」
「対物賠償補償」
「自損事故補償」
「無保険者障害保険」
「搭乗者傷害保険」
「他者運転危険担保特約」


…などの基本的な保障を自分で必要に応じて組み立てる事(参考となる3パターンがサイトで紹介されています)が出来て、そこに「弁護士費用特約」「車対車免ゼロ特約」「対物超過修理費用補償特約」などといった特約を付ける事が出来ます。


少し横道に逸れますが、この保険に限った事ではなく最近は色々な特約を各保険会社が出していますが、今挙げた「弁護士費用特約」「車対車免ゼロ特約」「対物超過修理費用補償特約」の3つの特約は、最近の保険商品には付けられるモノも多く、元保険屋としても、是非付けておく事をおすすめしたいです。


◆ 車対車免ゼロ特約

  等級によって可否があるのですが、
  免責0(自分でお金を出さなくて良い)は、
  契約者にとってはとても大きいと思います。


◆ 対物超過修理費用補償特約

  最近は標準装備されているカーナビなども、
  事故の損害の際に補償してもらえます。


◆ 弁護士費用特約

  最近は以前に比べ、お互いが折り合わず、
  調停までもつれるケースも増えてきている、という点から、
  付帯できる条件と余裕があれば、是非オススメします。


で、「そんぽ24」に戻りますが(^^;)、これまでの条件だけで見ればとても良い保険なのですが、口コミなどを探すと、事故対応に対しての不満がかなり多いようです。

ダイレクト型の保険は、初期対応のコールセンターの人員なども限られる為、どうしても対応に不満は多くなりがちなのですが、数少ない口コミの中で、良い口コミよりも、悪い口コミが多いのは、やはり不安が残ります。


ただ、オペレーターとの対応などは、本当に人それぞれの好みになるので、一度見積もりで電話などで対応を確認してみてはどうかと思います。正直、当たり外れ、というものも大きいと思いますし。


基本的には、ダイレクト型の保険であり、内容も組み立て型で、条件も細かく設定出来る、逆から言えば、細かく設定する必要があるので、自分の運転環境を把握して、保険の内容を理解できる方向けの保険ではないかな、と思います。


わずか5分で自動車保険が33,940円安くなったお話

保険スクエアbang!のホケレオン評価
インズウェブのホケレオン評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の内容はいかがでしたか?

さらにあなたが知りたいことやホケレオンに対してのご要望などありましたら、下記に記入して、ぜひ教えてください。



おすすめ自動車保険 その1