自動車保険 見積もり - プロが教える自動車保険比較 & 口コミ & 裏技!! > ソニー損保/アメリカンホームダイレクト/あいおい損保/日本興亜損保 > 損保ジャパン自動車保険の見積前に必見!利用5年目の私がよさを語る

損保ジャパン自動車保険の見積前に必見!利用5年目の私がよさを語る

自動車保険のCMで、1日テレビを見ていれば一度は聞いた事があるだろう自動車保険の会社、損保ジャパン。でも、有名な会社や商品って、逆にそのインパクトで詳しい内容を皆よく知らない、という事も多いですよね。


このページへ来て下さった貴方は、きっとそんな損保ジャパンの自動車保険の情報を探してここへ来たんじゃないでしょうか。


今、損保ジャパンの自動車保険に入っている方。
今、自動車保険の乗換えを検討していて情報を集めている方。


理由は色々だと思いますが、ここではそんな貴方の為に、損保ジャパンの口コミや評判、自動車保険の内容などを、元保険屋が、保険屋としての視点で評価、説明していきたいと思います。


もしよければ、参考にしてみて下さい(^−^)


損保ジャパンって?

損保ジャパン。最近ではCMなどでよく聞く名前ですが、ヤフー知恵袋など、インターネットの質問サイトを見ていると、その名前から外資系損保と思われている方も多いようです。


ですが実際は、2002年に安田火災海上と日産火災海上が合併して出来た、現在では東京海上日動に次ぐシェアを持つ業界第2位の国内大手損害保険会社です。


格付け会社による格付では、S&P社の格付でAA−の評価を受けてり、日本国内で自動車保険を販売している損害保険会社でAAAを受けている損保会社のいない現状で、国内損保では最高の格付評価を受けている事になります。


保険会社における保険金の支払い余力を示すソルベンシー・マージン比率では、22年度末で748.6%と、格付で同等の評価を受けている他4社と較べると若干見劣りはしますが、行政上の取り扱いでは200%を安全の目安としている事を考えれば、1年単位の短期の契約である自動車保険においては、十分に支払い能力を保持している、と言えます。


蛇足ですが、過去の保険会社の経営破たんなどを考えると、ソルベンシー・マージン比率は個人的には700%前後が安全の目安だと考えています。


自動車保険の販売方法は、代理店等を介して契約を行なう、いわゆる代理店型の自動車保険となっています。


損保ジャパンの評価や評判

損保ジャパンの口コミや評価についてですが、インターネットで検索してみても、そのシェアを考えると不釣合いな程に情報が少ないのが現状です。


これは損保ジャパンに限った事ではなく、代理店型の自動車保険全般に言える事で、やはりインターネット上では、インターネットを介して直接契約の出来る直販型の自動車保険が強く推されている事も要因の1つだと感じます。


口コミサイトやランキングサイトなどでも、国内損保最大手の東京海上日動がランク外で紹介されていたり、保険屋などから見ると多少露骨過ぎる感もあります(^^;)


そんな中で見つけた損保ジャパンの口コミや評価としては、良いものとしては、代理店型としての安心感、保険の内容の分かりやすさ、事故の際の補償の手厚さなどがあり、悪いものとしては、保険料の高さ、担当の対応の悪さ、保険金の支払いの出し渋り、などが挙げられていました。


やはり、代理店型に加入している人の良い評価では、補償や安心感などが目立ちます。また、損保ジャパンは、「見える自動車保険」を掲げ、自動車保険初心者にもわかりやすい自動車保険の販売をしている事で、それに対する評価も悪くない様です。


逆に悪い評価の保険料の高さは、良い評価の手厚い補償とは真逆にあるものなので、ある程度は仕方がないものだと思います


ただ、口コミなどで「見積もり比較でダイレクト型の自動車保険と3万円以上の差が出た」などの書き込みも見られますが、保険屋からすれば、全く同条件で3万円の保険料の差が出ることはまず有り得ないです。


比較サイトの入力上は同じ特約でも、補償の範囲は自動車保険によって(特に代理店型とダイレクト型では)異なる事が多いので、保険料の差の目安を知りたい時は『対物・対人無制限、車両保険なし』で比較してみると、保障内容に差がないのでわかり易いと思います。少し話がずれましたが(^^;)


担当の対応の悪さついては、逆に事故の際の対応に満足している口コミもあるので、担当の当たり外れ、と言えるのですが、ダイレクト型の自動車保険と違うのは、基本的には損保ジャパンの自動車保険は代理店を介する代理店型の自動車保険なので、この点については如何に信頼できる代理店を選ぶ事が出来るか、という事が重要になってきます。


事故の対応なども、代理店が損保ジャパンとの対応の窓口になってくれるので、代理店が悪ければ本来受けられる筈の補償もうやむやにされる事も有り得ますし、逆に親身に対応してもらえる代理店なら、本来なら補償されない内容でも保険会社との交渉で補償してもらえた、という話もよく聞きます。


代理店は地元に密着したものなので、周囲の口コミなどでしっかりと選ぶと良いと思います。


個人的にはディーラーで加入するのがアフターフォローも任せられるし、丸投げ出来るという意味でとても楽なんですが(^^;)


最後に、保険金の支払いについてですが、損保ジャパンの評判を調べると、必ずこの問題を目にします。


実際、損保ジャパンは、2006年6月に保険金の不払い問題が発覚し、金融庁から2週間の業務停止命令を受けています。


悪い口コミでもこの件について書いているものが目立つのですが、この2006年の件に関して言えば、不払い問題で金融庁から指導を受けた損保会社は27社に及んでいます。別に損保ジャパンを庇う訳ではなく、これはその時の損害保険会社全体が抱える問題だったのです。


損保ジャパンがこの問題で特に目立つのは、その時のニュースで大々的に槍玉に挙げられた事と、この件に関して、現在でも信頼の回復を目指して掲示している事が理由にあると思います。


ただ、新しい口コミでも保険金の支払いに関する不満は少なくない様で、どこまで改善されているのかは、正直不安が残るのも確かです。


損保ジャパンの自動車保険

損保ジャパンの自動車保険「ONE−Step」は、自動車保険に慣れない人にもとても分かりやすいものになっています。


まず、基本補償として「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「車両保険」が用意されています。


この辺りはよくある形なのですが、これに加え、いくつかの特約が基本補償に自動セットという形で付加されています。


この中で特にポイントの高いと思うものが、「車両無過失事項に関する特約」で、内容としては『自動車との衝突事故で車両保険の保険金をお支払いすることがあった場合でも、事故発生時にご契約の自動車の運転者に過失がなかったなど、一定の条件を満たしているときは、継続後の等級を決定するうえで、その事故がなかったものとして取り扱います。』というものです。


無過失、いわゆる10:0の事故は、自分の保険会社が仲介に入れない為、修理費などで加害者側と揉めがちなので、これを等級ダウン無しで車両保険で保障してくれる特約が自動セットされているのは非常に大きいです。


また、任意でセット出来る特約も多く用意されており、自動車保険に詳しい方なら、自身に必要な特約を必要に応じて組み合わせていく事も出来ます。


この中で私が特にオススメしたい特約が、「等級プロテクト特約」です。
これは事故で自動車保険を使う際に、年間1度に限り、等級ダウンを据え置いてくれるというものです。


この特約は、リスクの細分化の考え方としては、保険会社側からするとなんのメリットも無いもので、最近では扱っている保険会社も少なくなってきています。
保険料は上がってしまいますが、万が一の事故で等級が3つダウンした際の保険料のアップを考えれば、付けて損はないものです。


また、ロードサービスも付加されていて、サービス内容としては、事故・故障車のレッカー移動(30kmまで)、キー閉じ込み時の鍵開け、バッテリー上がり時のジャンピング対応など、パンク時のスペアタイヤ交換、ガソリン無料サービス(最大10リットルまで)などがあります。


レッカー移動が他の自動車保険と較べると移動距離が短いのが気になる点ではありますが、修理工場や拠点数がダイレクト型と較べれば圧倒的に多いので、山奥などになるとダイレクト型に多い移動距離無制限の方が強みにもなりますが、市街地での故障などの対応としては十分な補償だと思います。

損保ジャパンの自動車保険のまとめ

元・保険屋から見た損保ジャパンの自動車保険についてですが、やはり業界第2位の大手ということもあり、良くも悪くも、典型的な代理店型の自動車保険という印象です。


最近はダイレクト型との競争で、差別化の為に独自のサービスなどに特化する代理店型の自動車保険などもありますが、損保ジャパンの自動車保険は、従来の補償の厚さをそのままに、自動車保険に初めて加入する人にも分かりやすい自動車保険となっています。


独自のサービスに特化するのも悪くはないのですが、どうしても条件などが複雑になりがちなので、いざという時に使えなかったり、見落としてしまったりという事があり、好き嫌いの問題になるとは思いますが、個人的にはシンプルな方が好感が持てます。


また、特約もダイレクト型の自動車保険では補償されない範囲までしっかりと補償されるものが揃っているので、万が一の備えとしてはとても安心出来るものになっています。


ただ、やはりその分保険料は高くなってしまうので、保険料の安さを求める人には不向きな自動車保険となっています。


また、保険料の支払いに関する不評などが多いのも事実なので、多少不安も感じますが、満足しているという書き込みもあるので、これに関しては、補償の内容の理解に関するものなのかな、とも思います。


また、代理店型の自動車保険全般に言える事ですが、どんなにしっかりした補償を付けても、対応してくれる代理店が悪ければその補償も十分に機能しないので、地元の口コミなどで、しっかりと信頼できる代理店を選ぶ事も大切です。


貴方の自動車保険の検討に、少しでもお役に立てたでしょうか。
貴方のライフスタイルに合った自動車保険を選んで、充実したカーライフをお過ごし下さい(^−^)


わずか5分で自動車保険が33,940円安くなったお話

保険スクエアbang!のホケレオン評価
インズウェブのホケレオン評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の内容はいかがでしたか?

さらにあなたが知りたいことやホケレオンに対してのご要望などありましたら、下記に記入して、ぜひ教えてください。



ソニー損保/アメリカンホームダイレクト/あいおい損保/日本興亜損保